産後のフケ対策にシャンプーや洗い方を見直そう

女性ホルモンの急激な変化で皮脂が過剰にでることで産後に急にフケがでる方がおられます。女性ホルモンは出産に向けて徐々に増えた後、出産をへてその後数日で急激に妊娠前まで戻ります。皮脂の過剰分泌もこの女性ホルモンの急激な変化でおこります。しかも産後は体調が不安定になっていますし赤ちゃんの授乳などで生活スタイルが激変するのでストレスや疲れもたまりやすくなっています。フケ悩みを解消させて少しでも日々の負担を減らしていきましょう。

 

フケは過剰な皮脂がでて細菌が繁殖してかゆみがおこることで頭皮をかいたり、シャンプーの洗浄成分が強すぎる為に必要以上に皮脂が洗われたりして頭皮の乾燥が促進されることで発生します。さらにそれらが原因でターンオーバーが妨げられ悪循環をうみだしていることが多いです。

 

そこで必要な皮脂は残し不必要な皮脂だけ取り除くシャンプーを選ぶ必要があります。現在使用されているものに石油系洗浄剤が含まれている場合は、洗浄力がとても強い成分もあるので配合成分に注意しましょう。フケ症状が重い場合は、他の製品に変更することで症状が緩和される場合があります。そこで大事なのは洗浄成分や配合成分に注目して製品を購入することです。強すぎない洗浄力があり保湿成分がしっかりと配合され成分が頭皮に浸透するものを選びましょう。

 

髪の洗い方を変えることで症状が改善されることもあります。まずお湯だけの洗浄を丁寧におこないます。38度程度のぬるま湯のシャワー使用して頭皮を洗うことを意識しながら指の腹を使用して洗っていきます。こうすることで頭皮の汚れが落ちやすくなり滞っていた頭皮の新陳代謝を促進できます。続いてシャンプーをてのひらでよく泡立て頭にのせます。髪の毛は、シャンプーの泡が表面を通るだけでほぼ汚れは落ちますので頭皮を重点的に洗っていきましょう。後はしっかりと泡が残らないように洗い流していきます。

 

シャンプーや洗い方をかえるだけでフケ症状が改善されることは多いので、負担がかからない程度に日々のスカルプケアに取り入れてください。